ケセラセラ 大谷由里子 公式サイト

  • 志縁塾
  • 講師塾
  • ふらっとセミナー

お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

  • プロフィール
  • ケセラセラ日記
  • お客様の声
  • リーカレ
  • 著書・DVD
  • イベントカレンダー
  • 笑いと幸せ研究所

ケセラセラ日記 大谷由里子のココロの元気 あなたにも届けます!

Feb.

23

2008

日露戦争とその後

昨日は、セミナールーム「ふらっと」で、「大谷由里子と日本史を学ぶ」でした。講師は、カリスマ日本史講師のむっちゃんこと竹内先生。タイトルは、「日露戦争とその後」竹内先生の人気講座のひとつらしいです。

思わず涙出てきました。感動しました。心が振るえました。

正直、わたし、まったく、日露戦争のこと知りませんでした。「203高地」を題材にした映画を見たはずですが、さだまさしさんの曲につられて行っただけで、まったく、記憶がない。「何かたくさんの人が死んだんだよなあ・・・」「ロシアで革命が起こったから、日本が勝ったんだよな」くらいの、かなり低レベルな知識しかなかった。しかも、興味もなかった。もし、竹内先生のこの講座を自分で主催してなかったら、一生その程度だったかも。何と失礼なんだ・・・と、思ってしましまった。

今の日本があるのは、あの時代、生きて死んで行った人たちのおかげなんですよね。
過去があったから、今がある。そして、今を未来につなげるのが、わたしたちの役目なんだと、本気で感じました。「生きるための日本史」を教えてくださった竹内先生、ありがと。ほんま、長生きしてや!

Comments(2)

せきぐち様 2008年2月25日 19:58

前日にそんなことがあったんですね!

博多では、熱く語らせて頂いてありがとうございました。

イデッチや平田さんとも旨くいくと良いですね!

「海軍」任せて下さい!

五島の百姓が、海軍知ってるって、意外な一面でしたでしょ?

本当にありがとうございました。楽しかった。

「やっぱ、大谷さんじゃないとあかん!」という部分が、

僕の中に出来ました。笑顔でがんばります。

島田さん、大谷さん、ありがとうございました。

大谷由里子 2008年2月25日 20:43

せきぐちさん、遠いところ、本当にありがとうございました。これからも、熱く生きたいですね。

■コメント投稿はこちらからどうぞ

過去の日記

メールマガジン

「大谷由里子ケセラセラ」メールマガジン、
「志縁塾」メールニュースをお届けします。

メールマガジンの変更・解除