ケセラセラ 大谷由里子 公式サイト

  • 志縁塾
  • 講師塾
  • ふらっとセミナー

お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

  • プロフィール
  • ケセラセラ日記
  • お客様の声
  • メルマガ
  • 著書・DVD
  • イベントカレンダー
  • 笑いと幸せ研究所

ケセラセラ日記 大谷由里子のココロの元気 あなたにも届けます!

Jul.

29

2015

断捨離

ぜったいやりたい・・・と、思っていた。

でも、なかなかできなかった。

そんなわたしが、リユースにはまった。

「ひょっとしたら、できるかもしれない」

と、片っぱしから登録、そして、ダンボール箱を注文。

意外と、リユースなら惜しくない。結構、はかどった。


ところが、結構な箱を送ったけれど、まったく片付いてない。

ということは、どれだけ、不要なものがあつたのだろう。

ちょっと恐い。

そして、今となっては、何を箱に入れて送ったかも思い出せない。

わたしの場合、断捨離は、かなり手強いかもしれない。

それでも、リユースという言葉が、わたしに希望をくれた。

ちなみに、大したお金にはなってません。(笑)

Comments(0)

Jul.

15

2015

神様がくれた時間

7月、ありがたいことに仕事が詰まっていた。

「気合!」

と、はりきっていた。

仕事は、嫌いじゃない。

毎日、ごきげんに仕事をしていた。

ところが、一方で、部屋は、散らかりっぱなし。

足の踏み場もなく、心が荒みそうだった。

沖縄.jpg

そんな中で台風で宮崎の仕事がキャンセル。

神様が時間をくれたのかもしれない。

この機会にとにかく捨てるぞ。

居心地の良い空間を作りたい。

まずは、本の整理から。

そして、古着。

お金には、執着していない。

引き取ってくれるところがあることに感謝。

Comments(0)

Jul.

01

2015

いつまで生きるか

また、お世話になった社長のひとりが亡くなった。

訃報を聞くたびに思う。

「わたしは、いつまで生きてていいのだろうか?」

「生きているうちに、何ができるのだろう?」

いろいろ考えてしまう。

何歳で亡くなっても、お葬式はつらい。

わたしの母が、父が亡くなった時に言った。

「介護くらいいくらでもしてあげる。

生きてて欲しかった」

父の介護が大変だと思っていたわたしは、正直この

言葉に驚いた。

わたしは、誰かが、そんな台詞を言ってくれるだろうか。

Comments(0)

過去の日記

メールマガジン

「大谷由里子ケセラセラ」メールマガジン、
「志縁塾」メールニュースをお届けします。

メールマガジンの変更・解除