ケセラセラ 大谷由里子 公式サイト

  • 志縁塾
  • 講師塾
  • ふらっとセミナー

お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

  • プロフィール
  • ケセラセラ日記
  • お客様の声
  • メルマガ
  • 著書・DVD
  • イベントカレンダー
  • 笑いと幸せ研究所

ケセラセラ日記 大谷由里子のココロの元気 あなたにも届けます!

Sep.

29

2010

めっちゃ、感謝!

これから日本に帰ります。
たくさんの人と出会えた今回のロサンゼルス。
たくさんのことを学べた数日間でした。
たくさんの気づきがあった。
ほんと、めっちゃ、感謝。

小学校2年から4年までアメリカで過ごしたわたし。
来た時にはホームシックだったのに、帰る時には、まったく帰ることに執着がなかったわたし。父親に「帰らなくていい」と、言って、「ほな、置いて行く」と怒鳴られた記憶がある。
「もう一回、アメリカに行く」
と、英文科に行ったものの、今となっては、まったく、英語の能力無し・・・。

思えば、3年前にニューヨークで講演会を企画したのが今回のきっかけ。
そして、こんな機会をもらえた。
この機会を何かステキに使いたい。

Comments(3)

匿名様 2010年10月 3日 01:50

大谷さん、LAで講演に参加しました。
大谷さんの面白くて、テンポのいい話、
何時間でも聞いていられる感じでした!

人間の可能性の奥の深さ、人間変わろうと思えば、
まだ自分でも知らない自分が一杯自分の中に眠っているんだなって思いました。

年をとるごとに、腹を抱えて笑う事が少なくなってきてます。心を真っ白に素直になる事が大事ですね。

石田あす香様 2010年10月 3日 01:54

大谷さん、LAで講演を拝見しました。
とっても面白くて、テンポもよくて
大谷さんのお話、ずーと聴いていたい!と思いました。

人間の秘める可能性の深さ、自分を磨いていく事で、
自分でも知らない自分が一杯眠っているんだな。って大谷さんの講演に参加して感じました。

年を重ねるごとに、腹を抱えて笑う事が少なくなってきている悲しい現状。。。だからこそ、心を真っ白にして素直になる事がもっと、もっと大事なんですね。

これからも大谷さんの素晴らしい活動、応援してます!

大谷由里子様 2010年10月 5日 17:59

ありがとうございます。
来年もLAでやりたいです。
ステキなご縁をありがとうございます。

Sep.

28

2010

アルカトラズ島

アルカトラズ島に行ってきました♪
かつて連邦刑務所だったところ。あのアル・カポネも入っていたところ。極悪犯ばかりが入れられていたという噂。めちゃめちゃ興味がありました。

いやあ、一見の価値有りです。
いろんなことを考えさせられる場所です。
ほんと、有り余る時間の中でこの人たちは何を思っていたのだろう。
脱獄を計画して亡くなった人たち。
何のために生きるのか・・・いろいろ考えさせてくれました。

また、オーディオがよくできている。今まで海外でいろんなオーディオサービスを借りたけれど、たぶん、今のところこんなにうまくできているオーディオないです。ほんま、ガイドさんいらない。

サンフランシスコのフィッシャマンズワーフから船で渡れます。かなり人気のツアーなので予約して行くといいです。

Comments(2)

齊藤正明様 2010年9月30日 21:06

噂には聞いていましたが、本当にある刑務所だったのですね。

それすらも知りませんでした。


「生きること」考えさせられそうな場所ですね。

大谷由里子様 2010年10月 1日 17:18

ここからの脱走が映画にもなっているみたいです。

Sep.

26

2010

すっごい再会

昨日、ホテルにチェックインしてびっくり。
タクシーのドアを開けてくれたのは、わたしの主宰するリーダーズカレッジのかつての生徒。
「お待ちしてました」
の言葉に、
「ええええええええ」
と、叫んだわたし。

その名も山田亮。わたしたちは、「やまりょー」と、呼んでた。
東大出て、近畿日本鉄道に就職。
そして、リーダーズカレッジにやってきた。

やんちゃばっかりして、飲んだら服脱ぐのを何度止めたか・・・。
すぐにバカ飲みをした。
そんな彼がロサンゼルスで営業をして、人に気を使いながらも、世界を見て生きてた。
感動でした。

Comments(0)

Sep.

24

2010

再会

かつて、大阪に秀麗さんというスタイリストがいた。
わたしが吉本興業に入社した時には、彼女は数々の番組を手掛け、ベンツとジャガーに乗っていた。

「かつてモデルだったらしい」
「彼氏がいるのかいないのか」
などなどみんないろんな噂をしていた。

彼女とわたしは、一緒に若井こずえさんを売り出すことになった。
彼女がスタイリストとして、わたしは、マネージャーとして。
そして、一緒にドライブ行ったり、我が家でフグパーティしたり・・・。

そんな彼女からメールがきた。ロサンゼルスにいるらしい。そして、再会。
結婚してロサンゼルスにいるという。
「オフィスは?」
「たたんだの」
えーーーーっ。惜しげもなく関西のトップスタイリストを辞めて、ロサンゼルスに住んだらしい。
「だって、人生、一度きりだもん♪」
そして、今のだんなさい。セスナもクルーザーも持っているらしい。
ビーチのすぐそばに住んでいるらしい。
ちなみにロサンゼルスのピーチに住むということは、億の家に住むということのはず・・・。

「でも、暇だし、今度事務のバイトするの。初めて、勤務というの体験するのよ。役に立たなくてクビになったらどーしょう」
と、笑っていた。

彼女にピーチのドライブに連れてもらいました。
ほんま、わたしも、まだまだ未来築けそうです。

Comments(4)

玉田和久様 2010年9月24日 17:59

すてきです。

私も、今までの延長でない、スケールの大きな未来を築いていきたいです。

大谷由里子様 2010年9月26日 14:24

ステキです。
ぜひ、玉田さんも再会しましょ♪

玉田和久様 2010年9月27日 14:47

13日の西角けい子さんのセミナーにお邪魔しますが、大谷さんはご不在でしょうかね。

それと、島田さんのセミナーのときにいただいた宝くじ、1000円当たっていました。(^^)

大谷由里子様 2010年9月29日 01:57

おめでとうございます♪
なんす、結構当たってます。

Sep.

22

2010

サンタモニカ

ダウンタウンに泊まるのもいいけれど、一回滞在してみたかったサンタモニカ。
ホテル・オシアナ・サンタモニカにチャレンジしてみました♪

いゃあ、昔、歌にも出てきたサンタモニカ、いいです。
大学生の時、町の中で、サンタモニカ行きのバスをながめていた。
4年前に来た時も、「きれいだな」と、思った。

そして、今回、チャレンジ。
二日間、ここでチャージして、講演行くぞー。

海をみながら、朝からジョギング。そして、部屋で、原稿書き、ちょっとやってみたかった風景です。

Comments(0)

Sep.

22

2010

ロサンゼルス

ロサンゼルスに着きました♪
着いたら、仕事の電話と連絡とオンパレード。
ありがたいです。

携帯もそのままつながるし、パソコンも大丈夫。
考えたら、ほんますごい世の中です。
初めてアメリカに行ったのは、小学校2年生。
父親の仕事の都合だった。
日本に連絡することのハードルの高かったこと、高かったこと。

もう、戻れないくらいの気持ちでした。
いやあ、そう思ったら、普通に電話で話せる。メールができる。
素晴らしいです。

Comments(2)

齊藤正明様 2010年9月22日 22:28

本当にすごい世の中ですね。

ただ、おからだだけはお気をつけてください!(^^)

大谷由里子様 2010年9月23日 00:03

ロスでも齋藤さんのために動いてます。(笑)

過去の日記

メールマガジン

「大谷由里子ケセラセラ」メールマガジン、
「志縁塾」メールニュースをお届けします。

メールマガジンの変更・解除