ケセラセラ 大谷由里子 公式サイト

  • 志縁塾
  • 講師塾
  • ふらっとセミナー

お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

  • プロフィール
  • ケセラセラ日記
  • お客様の声
  • メルマガ
  • 著書・DVD
  • イベントカレンダー
  • 笑いと幸せ研究所

ケセラセラ日記 大谷由里子のココロの元気 あなたにも届けます!

May.

29

2009

日間賀島

himakajima.jpg

名古屋から名鉄で河和(こうわ)まで行って、河和港から
船で20分のところに、人口2,000人の日間賀島という島があります。

ここの日間賀観光ホテルに研修に行かせていただきました。
初めて行った日間賀島。

東京から一番近く海外気分が味わえるのが初島なら、
名古屋から一番近く海外気分が味わえるのがここかも・・・。

日間賀観光ホテルから味わえる海は最高。
仕事で行ったのに、めっちゃリゾート気分を体感させていただきました。
ホント、オススメです。

働いている人たちも、とっても気持ちが良くて、本当に楽しくお仕事させていただきました。

ちなみに、生まれて初めて食べました。シャコのおさしみにしらすのお茶漬けに丸ごとゆでタコ。

冬のふぐは最高だそうです。

☆日間賀観光ホテル
http://www.himakakankou-hotel.co.jp/

この島をもっと、もっといろんな人に知って欲しい。
そして、島の人たちも、もっと、もっと、ステキに輝いて欲しい。

ちなみに、日間賀観光ホテルの社長と約束。禁煙ルームを作ってもらうことになりました。
タバコ嫌いな人も安心して泊まれるホテルになる予定です。

Comments(0)

May.

27

2009

場づくり

昨日は、ファシリテーター、長尾彰さんの「場づくり」のセミナーでした。実は、わたし、長尾さんの大ファン。彼は場づくりに熱いマインドを持っている。
ちなみに、昨日もたった2時間で参加者20人がすべて、顔と名前が一致するようになったんです。すごい。そりゃあ、あとの交流会も盛り上がりました♪
わがセミナールームの常連さんの栗原さんも大喜び。

みんなの笑顔が大好きです。
「明日からも頑張ろう」
そう思ってもらえたらすっごく嬉しい。そんな場づくりを続けたい。

福岡では、7月にわたしがやります。

☆楽しい場づくりと結果を出すためのファシリテーション IN 福岡
http://www.yuriko-otani.com/event/2009/07/_in_11.html

Comments(2)

長尾彰様 2009年5月28日 01:08

ゆりさん
あの場にいたみなさん


あきらです。
場を作るのは人だと思っています。
場作りってテクニックじゃなくて、その人のあり方が最も問われるんだと思います。
僕が笑顔なら、あなたも笑顔になる。
僕がリラックスしていれば、あなたもリラックスする。
僕があなたを認めれば、あなたも僕を認めてくれる。

何かをうまくやろうとするのではなくて、「今」という場を心から愛おしいと思い続けることができる人になりたいです。

場作りセミナー、シリーズでやりたいな。
あり方(マインド)→やり方(テクニック・スキル)→あり方(マインド)→やり方(テクニック・スキル)→・・・が循環するようなプログラム。

その場に志を共にした人が、一人でも多くの人を笑顔にしていかれるような集まりを続けて行きたいです。

1人が2人を笑顔にして、2人が4人を笑顔にして、4人が8人を笑顔にして、8人が16人を笑顔にして、16人が32人を笑顔にして、32人が64人を笑顔にして、64人が128人を笑顔にして・・・の連鎖を起こしたいです。

ゆりさん、ありがとうございました!

大谷由里子様 2009年5月29日 20:49

長尾さんのその姿勢が大好きです♪いろんな人に知って欲しい。これからも、よろしくお願いします。

May.

25

2009

甥っ子

小学校2年生のわが甥っ子。

テレビばっかり観るから、わたしの母が、「テレビ消しなさい」と怒ったらしい。その時の甥っ子が、昨年亡くなったわたしの父のことを聞いてきた。

「ばあちゃん、じいちゃんのこと好き?」
「うん好きだよ」
「また、会いたい?」
「会いたいよ」
「もう会えないよ」
「なんで?」
「だって、じいちゃんは天国だけど、ばあちゃんは、怒ってばかりいるから地獄に行くもん」

母はその発想とその言葉に噴き出したらしい。
ほんま、子供の発想は豊かです。

ちなみに、この甥っ子、ほんまに可愛いんです♪

Comments(0)

May.

23

2009

夜と霧

ヴィ久トール・E・フランクルの「夜と霧」読みました。

ナチスの強制収容所での生活を精神科医の立場に立って心理面から解説された本です。
わが社の講師の一人、諸井英徳さんのオススメだったのですが、まったく興味なかった。
たまたま、ドイツを旅行して、その舞台になった場所のひとつ、ダッハウの強制収容所を訪れたことから読む気になりました。

一気に読みました。奥深いです。
本人も「強制収容所の悲惨さなどを描きたいわけではない」と書いてあるように、比較的、淡々と書かれているのですが、かなり考えさせられました。

人が生きるには、やっぱり、「意味と目的と価値がいる」つくづくそう思いました。
特につらい時、苦しい時こそ必要。そこに意味があると思うからこそ乗り越えられることもたくさんある。

21世紀に残したい本のベスト3にも選ばれているそうです。

Comments(2)

櫻井真澄様 2009年5月28日 13:55

大谷さん

こんにちは!鈴鹿の櫻井真澄です。
前に鈴鹿のスポーツガーデンに来て頂いた時に
本にサインをして頂きました。

いつも大谷さんのメッセージに励まされています。
ありがとうございます。

私も2年前姉家族に会いに家族でドイツ、スイスに行きました。
姉はドイツの人と結婚しています。義理の兄の実家がダッハオで家族でダッハオの収容所見学に行きました。

とても悲惨な事がここで起こったこと人間はなんて残酷になれるんだと衝撃的でした。子供3人も衝撃を受けていました。
兄も過去にこのような事があった事はドイツ人として残念だと言っていました。

大谷さんが読んだ本私も読んでみますね。

ドイツは住環境がとってもいいですよね。町並みは緑が多く
住居は広く日本の住環境ももっと広く緑豊かな町並みにしたいと強く思いました。
ドイツはダッハオ、ミュンヘン、と廻りました。そして姉家族とスイスに行きました。

スイスはさすが観光の国自然豊かでとってもきれいでしたね。
私達はユングフラウヨッホというヨーロッパで一番高い山を見に行き一番高い山小屋までいきました。

夏なのにそこは銀世界。綺麗でした。
メンヒ、アイガーと山を見て自然の中をハイキングしました。
泊まったのはグリンデンワルトです。日本人観光客も多く
またいろいろな国の人がいました。

スイス料理はおいしかったです。日本よりゆっくりと豊かに生活してる印象がドイツ、スイスともにありました。

しかし料理は日本が一番おいしいし豊かですね!!
そしてサービスも日本がいいです。お風呂も日本が一番。
やはり日本が最高ーです。

今姉家族はウイーンにいますので今度はオーストリア近辺を旅行したいと思っています。

ではお仕事がんばってくださいね。応援しています。

大谷由里子様 2009年6月 2日 20:56

そうですか・・・。
意外と日本人もダッハウを訪れているのですよね。たくさんの人がメールなどくれました。
確かに、世界を巡ると日本の良いところもいっぱい感じます。いい感じでステキに生きたいですね。

May.

21

2009

差別はあかん!

大阪在住の講師の一人が、ある役所主催の講演会が中止になったらしい。理由は、
「関西で新型インフルエンザが流行っているこの時期に、大阪から講師を呼ぶのは危険」
ということらしい。

この話を聞いて「ぞーっ」とした。
別にその講師が新型インフルエンザにかかっているわけでもない。それどころか風邪をひいているわけでもない。
そんなことを言ったら、「大阪の営業マンは来させるな」「大阪からの観光客は来るな」と言うようなもの。
ひょっとしたら、「大阪人は、お断りします」という店が出てくるかも・・・。
立派な差別じゃん。

こうして、かつてハンセン病の人とかも隔離されて行ったのかと思うと怖い・・・。
判断を間違えないということも大切だし、「本当にそれでいいのか」考える人たち、できれば増えて欲しい。

Comments(3)

新大宮っ子様 2009年5月21日 12:14

そうですよね~

※不謹慎ですけど、大谷さんのタイトル見て
『チカンはあかん』の標語を思い出しました
(ごめんなさい汗)。

いらんこといい~の新大宮っ子でした。

※友達から東京人からの関西のイメージを聞きました。
京都人…ミステリアス
大阪人…感じ悪い
奈良人…のんびりしてる

これ当たってるんかなぁ
私が東京行ったら京都から来ましたって言おうと思う
(ゆうたらええがな←ひとりぼけツッコミ苦笑)

でもこれってメディアからのステレオタイプかな
↑じまんしいの関西人

追伸:今、大阪検定の勉強してます

ぼけ って人格否定みたいなきぃしてましたけど
大阪検定公式テキストによると

【ぼけ】…名詞。とぼけた人のこと

らしいですね 長文失礼しました。

yakiko様 2009年5月21日 22:00

一番最初、横浜の高校生の発病のニュースが、速報で、流れた時に、ゴールデンウイークの頃で、横浜に遊びに行くのやめたとか、大丈夫なのとか、言われました。

アメリカとかでは、どこで、誰が発病したとか、報道しなくなったとか、日本は、新型ウイルスというよりは、集団ヒステリーだねと世界に報道されてるようです。マスクしてるとインフルエンザにかかってるのか?と脅威を感じるらしいです。

気をつけないといけないけれど、冷静に対応ですよね。
でも、マスコミが、あおってるとも思う、横浜の高校生の入院した市民病院が、近所で、報道陣が大騒ぎ、あそこは、重病な人が多く入院してる病院ですからね、お静かにと思いました。

大谷由里子様 2009年5月23日 06:44

あるタクシーの運転手さんが、「今回のインフルエンザ、ほとんど年配の人がひかないのは、絶対、昔あったやつで、わしらは抗体持ってるんですよ」と、言ってました。いずれにしても、治療法も分かっていて弱毒性でいつものインフルエンザと変わりないって分かったんだから、そろそろ騒ぎが収まってもいいですよね。

May.

18

2009

富士宮やきそば

最近、友人が「B-1グランプリ」の事務局をするようになった。そして、世の中では、B級グルメで盛り上がっている人たちも多い様子。

少し前に、明電舎労働組合さんの仕事で三島駅から新幹線を使いました。
と、そこに、「B-1グランプリの最優秀賞」を取ったという「富士宮やきそば」が売っていました。
噂には聞いていたいたけれど、それが、これなんだ・・・。
思わず買ってしまいました。

その後、出張などで、なかなか食べられなかったのですが、昨日、ついに食べました。
「おいしい♪」
どうも、肉かすにオリジナリティがあるみたいです。
海鮮を入れて楽しみました。
しばらく、他にどんなものがあるか、B級グルメを楽しめそうです。

Comments(3)

yakiko様 2009年5月18日 19:38

富士宮は、ダンナちゃんのふるさとで、やきそばが、ソウルフードらしく、駄菓子屋さんで、食べてたとのことです。

長崎の自由人(元上五島農民)様 2009年5月19日 00:47

長崎にお見えだったみたいでHTBと長崎空港追っかけてみましたがお会いできませんでした。

また、いつかお会いして元気をいただきたいと思っております。

がんばれ!

大谷由里子様 2009年5月19日 06:42

東京、八女、ハウステンボス、大阪、名古屋と弾丸ツアーのような2泊3日でした。ソウルフードも食べられなかった。(笑)

過去の日記

メールマガジン

「大谷由里子ケセラセラ」メールマガジン、
「志縁塾」メールニュースをお届けします。

メールマガジンの変更・解除