ケセラセラ 大谷由里子 公式サイト

  • 志縁塾
  • 講師塾
  • ふらっとセミナー

お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

  • プロフィール
  • ケセラセラ日記
  • お客様の声
  • メルマガ
  • 著書・DVD
  • イベントカレンダー
  • 笑いと幸せ研究所

ケセラセラ日記 大谷由里子のココロの元気 あなたにも届けます!

Jun.

30

2008

三次市役所

昨日は、広島県の三次市役所さんで、男女共同参画の講演会でした。

久しぶりの男女共同参画・・・でも、いつも、どこでも思うのは、来られるのは、子育てが完全に終わっている人たちがほとんど。(笑)

わたしも、本当は、20代、30代のこれから子育て、これから地域作りの人たちにいっぱい来て欲しいと思うけれど、自分もその時は、そんな講演会行く余裕なんてまったくなかった。

できれば、年配の人が、「わたしが子守してあげるから、行ってらっしゃい」と、若いメンバーを送り出してあげることが大切なんでしょうね。

でも、きっと、20代の時のわたしならこう言った。
「講演会なんてめんどくさいわ」

だからこそ、研修って楽しい、学びって楽しい・・・ということを、わたしたちは、感じてもらえるようにならなきゃならない。

ちなみに、三次市は、「鵜飼」でも有名らしいです。今度は、鮎食べに行きたいな♪

Comments(0)

Jun.

29

2008

西尾幡豆JC

昨日は、西尾幡豆JCさんのJCスクールでした。

地域の若手を育成するという目的のこのセミナー、JC会員でない20代を中心に、昨日は約70人が参加。

感動したのは、20代のメンバーをこんなに研修で集めていることと、30代のメンバーが必死で彼らのこと、地域のことを考えていること。

JC、青年会議所の本来の姿ってこうだよなあ・・・と、実感。若いメンバーが集まって、学んで、本気で地域活性を考える。研修させていただいて、結構感動しました。

「毎年、この研修をやっているんですけれど、この研修に出てJCに入ってくれるメンバーも結構いるんです」
その言葉にも納得。

そして、聞くと、みんな、会社や地域の先輩に勧められてこの研修に出たそうです。まだまだ、この国も捨てたもんじゃない。そう感じた一日でした。
と、わたしたちも、まだまだやれることがあると実感させていただいた一日でした。

ありがと。

Comments(0)

Jun.

27

2008

ニューヨーク

小学校2年から4年までをアメリカのテキサス州のダラスという町で過ごしたわたし。
ニューヨークは、同じアメリカでも、とっても遠い場所だった。
研究者だった父が、ニューヨークで学会があるということで、家族で着いて行った。一週間ほどかけて車で、ニューヨークまで行った。

あれから、30年以上も経った。いろんな人からニューヨークの話は聞いてきた。また、9・11のテロをテレビのニュースで見た。

わたしの主宰する「リーダーズカレッジ」のメンバーの一人、マッキーが、今年からニューヨークで働くことになった。
「よっしゃー、マッキーに会いに、ニューヨークに行くぞ!」
どうせなら、ニューヨークにたくさんの仲間を作りたい。
そんないろんな思いが湧いてきた。

9月20日(土)、ニューヨークで講演会にチャレンジします。
(詳細はコチラ♪)

Comments(0)

Jun.

26

2008

VIVIENNE TAM

yuriko.jpg

本日、新潟の商工中金さんで講演です。

本日のファッションは、VIVIENNE TAM。ニューヨークのセレブに人気のブランドらしいです。
ちなみに、わたし、まったくのブランド音痴です。(笑)

先日、今、話題のスタイリスト、ファッションレスキューの政近さんに、このブランドに連れて行っていただきました。値段もそんなに高くなく、着ると、舞台映えする・・・そんなファッションをお願いした結果です。

ちなみに、こんな服、こんな色、今まで目に止めたこともなかった。でも、何かワクワクしてくる。政近さんが、「ドキドキ・ワクワクする服を着なさい」と、いつもおっしゃっている意味が少しわかる。めっちゃ、これから行く新潟が楽しみです♪

もったいないから、新潟の友人と夕食の約束までしちゃった。

政近さん曰く、
「ファッションが変わると、人生も変わるんだよね~」

今日は、いつもと違う日になりそう。

ちなみに、政近さん、来週セミナールームに登場していただきます☆
詳しくは、コチラをご覧ください

Comments(0)

Jun.

25

2008

横山やすしさんの奥さん

横山やすしさんの奥さんの木村啓子さんが亡くなったそうです。

東京にいると、当たり前かもしれないけれど、そんなニュースは、
まったく入ってこない。(わたしが知ったのは、深夜でした。)

「奥さんってどんな人だったか、コメントが欲しい・・」
新聞社から、そんな連絡が会社に入っていました。

マネージャー時代は、本当に可愛がってもらった。というより、同志だったかも。いつも、一緒に横山さんの行動をウォッチングしていた。まだまだ元気だと思っていたから、何か、とても悲しい。いつでも会えると思っていただけに、「もう、お会いできないんだ」と、思うと寂しい。

わたし自身が、60才くらいになったら、啓子さんと、横山さんの彼女と一緒に温泉でも入って、3人で思い出話したかったなあ。。

Comments(0)

Jun.

24

2008

CHANGE

キムタク主演の「CHANGE」というドラマにはまっています。

ほんま、キムタクみたいな総理大臣だったらいいな・・・と、思ってしまう。
そして、このドラマを見ていると、「きっと、橋下知事もこうなのかなあ・・・」と、思ってしまう。
ちなみに、橋下徹大阪府知事は、かつてのわたしの顧問弁護士でした。

「変わる」とか「変える」ということがどれだけ難しいか・・・。でも、誰もが、「このままじゃダメ」と、思っていると思う。「これ以上、問題を先送りにしちゃだめだよなあ」と、分かっている。

いったい、国家って誰のためのものなんだろう?
国民って、何なんだろう?
つい、考えてしまう。

やっぱり、次世代に誇れる生き方をしたいよなあ。

一人でもたくさんの、意識を持った人たちが出てくることを願って、
今日も、メッセージを発信し続けます。

Comments(4)

jumpei@mixi様 2008年6月24日 11:56

大谷さん!
スペルが違いますよ~!

はじめタイトルを見たとき何だろう、て思って
見てしまいました~。

大谷由里子様 2008年6月25日 09:59

指摘ありがとうございます。(笑)

yakiko様 2008年6月25日 20:08

もちろん、私もはまってます。第5話の朝倉総理が、「とことん話し合うのは、分かり合うためではなく、みんながそれぞれ違う考えを持っていることを理解するため。」そうなんだなあと、思いました。

大谷由里子様 2008年6月29日 19:33

ほんま、そうですよね。つくづく思います。

過去の日記

メールマガジン

「大谷由里子ケセラセラ」メールマガジン、
「志縁塾」メールニュースをお届けします。

メールマガジンの変更・解除