ケセラセラ 大谷由里子 公式サイト

  • 志縁塾
  • 講師塾
  • ふらっとセミナー

お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

  • プロフィール
  • ケセラセラ日記
  • お客様の声
  • メルマガ
  • 著書・DVD
  • イベントカレンダー
  • 笑いと幸せ研究所

ケセラセラ日記 大谷由里子のココロの元気 あなたにも届けます!

Feb.

27

2008

大丸東京店

昨日、初めて、大丸東京店13Fの「XEX TOKYO」に行きました。ホント、大人の空間でした。カウンターバーで、ドンペリ飲んで、サラダ、生ハム堪能してごきげんでした。

考えてみると、百貨店は、確実に進化している。それを感じさせてくれた時間でした。

子供の頃の百貨店の屋上は、遊園地だった。「屋上に連れてあげる」の一言で、めんどくさいなあ・・・と、思っていても、祖父母の買い物に付き合った。

学生時代は、ゲームセンターなんかもあって、ちょっとした遊び場だった。

主婦時代、百貨店の最上階は、「バーゲン」とか「催事場」だった。

そして、今、百貨店の最上階は、「オトナの場所」となった。

何より、お気に入りの場所になった理由は、全館禁煙。やっぱり、オトナの場所である以上、おいしい食事とおいしいお酒は、禁煙で楽しみたい。♪そして、地下のおそうざいコーナー、出張前に重宝しています。
大丸東京店・・・上から下まで、とっても楽しめます。

Comments(2)

せきぐち様 2008年2月28日 12:58

禁煙セラピー、はじめました。

大谷由里子様 2008年3月 1日 08:20

禁煙にチャレンジ・・・。応援してます。(笑)

Feb.

26

2008

旭屋書店梅田本店

旭屋書店梅田本店さんで、わたしの本を「人材開発おススメの一冊」に選んでいただきました。
新刊の時は並べてもらえても、一回、奥に入ってしまうと、ほとんど一生表に出ることがないのが、今の本の世界。それが、復活させてもらえた。

めっちゃ、嬉しい。コツコツ、地道に自分で売ってきてよかった。よかったら、見つけてください。

http://www.yuriko-otani.com/publicity/2008/02/post_25.html


そして、本日、リーダーズカレッジ大阪校の安部さんからメール。「経理ウーマン」という雑誌の「お気に入りに一冊」というコーナーに彼女が投稿してくれて、「元気が出るセオリー」が載ったそうです。このメールを見てジーン。

本って、ホントに消耗品のような時代。でも、こうして、応援してくれる人がいるって、救われます。たくさんの人に感謝です。

Comments(0)

Feb.

25

2008

福岡ありがとうございました

福岡での新春特別講演会も無事終了。本当に、たくさんの方々に感謝です。

上五島や壱岐に鹿児島、長崎の波佐見や大牟田や山口からも来てくださって、ホントに感謝と感激でした。ちなみに、一番遠くから来てくださっていたのは、埼玉県の越谷からでした。←これは、「どうして?」と、ナゾでした。(笑)


初めての福岡でのトライアルでした。

そして、残すは、東京のみ。

でも、やってみて思ったこと。やっぱり、一人じゃないっていいな。仲間がいてくれて良かったということ。福岡では、元リクルートで、今、地域活性をしている、イデアパートナーの井出修身社長とそこのスタッフが、とっても頑張ってくれた。そして、NPO会員の木村さんたちが、受け付けをしてくれた。いろんなところから来てくれたお客さん。そして、わが社のメンバーたち。一緒に前向きに進める仲間がいるって、本当に幸せですよね。

神様、福岡もありがとうございました。

Comments(2)

松本 ちえ様 2008年2月26日 11:47

新春特別講演・・・とても、楽しかったです。
8月10日(日)を、たくさんのレク仲間と楽しみにしています。

ありがとうございました。

大谷由里子様 2008年2月26日 16:58

こちらこそ、再会を楽しみにしています。

Feb.

23

2008

日露戦争とその後

昨日は、セミナールーム「ふらっと」で、「大谷由里子と日本史を学ぶ」でした。講師は、カリスマ日本史講師のむっちゃんこと竹内先生。タイトルは、「日露戦争とその後」竹内先生の人気講座のひとつらしいです。

思わず涙出てきました。感動しました。心が振るえました。

正直、わたし、まったく、日露戦争のこと知りませんでした。「203高地」を題材にした映画を見たはずですが、さだまさしさんの曲につられて行っただけで、まったく、記憶がない。「何かたくさんの人が死んだんだよなあ・・・」「ロシアで革命が起こったから、日本が勝ったんだよな」くらいの、かなり低レベルな知識しかなかった。しかも、興味もなかった。もし、竹内先生のこの講座を自分で主催してなかったら、一生その程度だったかも。何と失礼なんだ・・・と、思ってしましまった。

今の日本があるのは、あの時代、生きて死んで行った人たちのおかげなんですよね。
過去があったから、今がある。そして、今を未来につなげるのが、わたしたちの役目なんだと、本気で感じました。「生きるための日本史」を教えてくださった竹内先生、ありがと。ほんま、長生きしてや!

Comments(2)

せきぐち様 2008年2月25日 19:58

前日にそんなことがあったんですね!

博多では、熱く語らせて頂いてありがとうございました。

イデッチや平田さんとも旨くいくと良いですね!

「海軍」任せて下さい!

五島の百姓が、海軍知ってるって、意外な一面でしたでしょ?

本当にありがとうございました。楽しかった。

「やっぱ、大谷さんじゃないとあかん!」という部分が、

僕の中に出来ました。笑顔でがんばります。

島田さん、大谷さん、ありがとうございました。

大谷由里子様 2008年2月25日 20:43

せきぐちさん、遠いところ、本当にありがとうございました。これからも、熱く生きたいですね。

Feb.

22

2008

猫の日

今日、2月22日は猫の日。2を「ニャン」と読ませて、「ニャン・ニャン・ニャン」ということで、猫の日制定委員会が1987年に制定したそうです。

わたし、こんな日があるなんて知らなかった。でも、おもしろそうですね。
きっと、いろんな日があるんでしょうね。

ちなみに、かつてのわたしも猫を自宅で飼ってました。
もちろん、拾ってきた猫でした。しかも、父親は大の猫嫌い。そして、ナント、わたしと、弟二人と母親と祖母は、父に内緒で猫を飼い続けたんです。

普段は、祖母の部屋に隠していたけれど、猫がリビングにいる時に父が帰ってきたら、大変。必死で弟とかが、父親に会話して、その間に猫を隠そうとする。でも、猫はいうことをきかない。

「なんで、ここに猫がいるんだ!」
と、見つかった時は、母が、
「そうなの。さっき、ドアを開けたら、猫が入ってきて・・・。ほら、シッ、シッ」
など演技してました。
結局、10年くらい、一緒に住んでました。(^^;

Comments(0)

Feb.

21

2008

誕生日

本日、わたしの誕生日でした。たくさんの人からのお祝いメール&プレゼント、ありがとうございました。

誕生日って、本当は、生んでくれた親に感謝する日らしい。もしくは、親が、「生まれてきてくれとありがとう」と、祝う日らしいです。

わたしは、ホント、今は、生んでくれた親に感謝している。
生まれてきたからこそ、いろんなこと考えて、いろんなことできる。

でも、10代の頃のわたしは、めちゃめちゃネガティブだった。正直、何をやってもダメだったわたしは、親も殺して、自分も死にたいと思ったこともある。
まさか、40歳過ぎて、こんなに意味がある楽しい人生があるなんて思っていなかった。

だからこそ、伝えたい。

人の人生なんて何があるか分からない。無限の可能性があるんだよ。人生、一回きりなら、いいことも悪いことも受け止めて、思いっきり生きてみる価値あるよ。

Comments(5)

さくら様 2008年2月22日 11:57

お誕生日おめでとうございます!

大谷さんがお誕生日に伝えたメッセージに、グッときました。

しっかり、心にとめておきます。

ありがとうございます!

いしかわ様 2008年2月22日 12:40

大谷さんっ、お誕生日おめでとうございます!
幸せ~なBirthdayになったようですねっ(@^^)/~~~

仙台ではお世話になりました。
楽しく有意義な時間を過ごすことが出来き、大谷さんにはパワーをもらいました。

これからも素敵に年を重ねていってくださいネ(^^♪
またお会いしたいです。。。

大谷由里子様 2008年2月22日 14:20

ほんま、ありがとうございます。
みんなに生まれてきたことを喜んでもらえたら嬉しいです。そして、たくさんの人との出会いを大切にしたいですね。

いっし~様 2008年2月23日 00:16

Happy Bithday!
お誕生日おめでとう・・・ございました。
ごめんなさい。遅くなりました。
大谷さんと出会えて私本当に人生が変わり始めてます。
本当にありがとうございます。
この一年大谷さんにとって素敵な一年にしてください。

大谷由里子様 2008年2月23日 16:31

いっしーの人生も、もっともっとステキに変化ですね。

過去の日記

メールマガジン

「大谷由里子ケセラセラ」メールマガジン、
「志縁塾」メールニュースをお届けします。

メールマガジンの変更・解除