ケセラセラ 大谷由里子 公式サイト

  • 志縁塾
  • 講師塾
  • ふらっとセミナー

お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

  • プロフィール
  • ケセラセラ日記
  • お客様の声
  • メルマガ
  • 著書・DVD
  • イベントカレンダー
  • 笑いと幸せ研究所

ケセラセラ日記 大谷由里子のココロの元気 あなたにも届けます!

Jul.

31

2007

ため息

結構、ポジティブシンキングなわたしだけれど、時々落ち込む。そして、ため息。そんな時に思い出す言葉。

「ため息をついた分だけ幸せが逃げて行くよ」

何かの少女漫画の台詞。漫画のタイトルもどんな漫画かも覚えてないけれど、この台詞だけは、とっても印象に残っている。そして、ため息をつくたびに、「あっ」と、思い出す。そして、人がため息をついているのを見ると、この言葉を言う。

「あーっ、失敗した」なんてこと、日々の生活で山ほどある。思わずため息。でも、この言葉を思い出すと、「とにかく、あきらめて、何ができるか考えてみよう」と思う。

自分の気持ちを切り替えられる言葉やせりふを少し持っているって、とても大切。明日から8月。今年もいよいよ後半戦まっしぐら。7月までの失敗や挫折を置いておいて、とにかく、はりきるぞー。

Comments(2)

明子様 2007年8月 1日 05:21

ため息とは、体の中にたまった「悪い気」のこと。ストレス解消のために、もっともっとため息をつこう!

いいんですよ、ため息って・・・身体のためには、ご参考用に
http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20021002B/index.htm

あんぱん様 2007年8月 1日 16:01

ため息。なんだか気持ちが落ち込んだとき、しらずしらずのうちにため息つくことありますよね。でも、なんかそのはく息がもやもやを少し外に出して身体をすっきりさせてくれる気もします。私は、昨年8月に学校保健ゼミナールの大谷由里子さんの講演を聞いて、いっぱい元気をもらいました。つらいとき、その時のメモを思い出します。そうやんな!一生懸命やってたら、時代がきっと見方してくれる!って。また先生の講演に行ってたくさん笑って帰りたいです。大谷さんの笑顔って、すごい素敵ですね。

Jul.

30

2007

知恩院

今朝、京都で4時に起きたら、嵐。「わたし、何か悪いことしたかしら???」と、不安に。5時20分にホテルを出発。6時から知恩院さんの本堂で講演してきました。

いゃあ、雰囲気あります。ココロ洗われます。京都で学生時代を送ったわたしは、もちろん、知恩院にも行ったことがある。けれども、まさか、自分がここで講演する機会があるなんて、夢にも思ってもいなかった。こんな機会を与えていただいたことにただただ感謝です。

僧侶の方々が、僧侶を楽しんでおられる姿が印象的でした。そして、僧侶の方の1人が、なんと、わたしの小学校1年の時の担任の先生の義理の息子さんでした。しかも、わたし、その小学校の担任の先生の自宅にまで遊びに行ったこともあるし、ずっと、手紙のやりとりをしていたんです。今は88歳になられたそうです。

「お経って、本当に今読むと、いいこと書いてるんですよ」と、僧侶の1人の方がおっしゃってました。ちょっと、わたしもお経、読んでみようかなあ。

Comments(0)

Jul.

28

2007

なんでかね

沖縄では、「なんでかね?」「だからよー」で片付いてしまうことがある。

最初、すっごく不思議だった。最初、この言葉を聞いたのは、友人が、納期の遅れを責めた時のことだった。
「どうして、遅れたんですか?」
「なんでかね?」

聞いているのは、わたしの友人なのに、そう言われると、「なんでかなあ?」になってしまう。
「だからよー」も一緒。こちらが、「なんでこんなことになったんですか?」って聞いても、「だからよー」で返ってきたら、「だから、説明してよ」と、言いたいけれど、「しゃあないか」という気分になる。

このふたつ、とっても不思議な方言。でも、わたしは、この二つ、沖縄らしくて、とっても大好き。ごちゃごちゃ言い訳するよりも、「なんでかね?」「だからよー」で片付けてしまう。すっごくおおらか。

言葉と県民気質・・・結構おもしろいかも。

Comments(1)

うりゃ様 2007年7月28日 17:57

県民性って、結構出てくるような気がする。

東京に来てから、ああ、そうなんよな・・・

自分の本質を不思議と見つける機会が多い。


私は、やっぱり富山が大好き♪

帰るたびに思う。時間の流れ方が全く違うって・・・

Jul.

26

2007

沖縄

7月20日を過ぎると、新幹線に乗っていても、客層が変わるのが分かる。子連れが増える。そんな景色を見ると、「あっ、そろそろ夏休みなんだ」と、実感する。

そして、わたしは、昨日から沖縄。本日は、沖縄のNECさんでの仕事です。といっても、やっぱり、「沖縄」というだけで、気分は、ついリゾートになってしまう。「あかん、あかん」と、思いつつも、ニターっとしている自分がいる。

しかも、昨日乗った羽田ー沖縄の飛行機は、満席。子供たちのはしゃぐ声。こっちまで、はしゃぎたくなってくる。普段のビジネス客の飛行機とまったく違う空気。

わたしたちの年代は、「沖縄が日本に戻ってきた日」や沖縄が自動車の右側通行から左側通行に変わった日とかを覚えてる。でも、わたしの周囲の20代は、「沖縄がアメリカだった」と言っても、「へーっ」という感じ。「社会で習わなかった?」って、言ったら、「日本史とってなかったもん」とのこと。たぶん、小学校とか中学でも習ったと思うけど、もう、歴史なんだなあ・・・と、痛感。

Comments(1)

奥浜様 2007年7月27日 13:50

昨日の講演会お疲れ様でした。
私は、大谷さんと同世代、沖縄返還や沖縄海洋博、730(ななさんまる、左側通行)等々まさに体験してきたのです。
そんな同世代の女性が、私の前で圧倒的なパワーでお話しされている。本当に生き生きとして。少々くたびれ気味の私にとっては羨望と敬意の念で拝聴した2時間の講演でした。
今回の講演で、もちろん内容も本当に素晴しかったのですが、一番心に残ったのは、大谷さんの笑顔です。2時間もの間、ずーと笑顔を見続けていたのです。私の顔も笑顔になって行きました。
気持ちは変えるのが難しいけれど、行動を変えてみる!
どんな行動?ハイタッチなんてなかなかできるもんじゃない!
でも笑顔なら!!心がけで作れる!ああそうか 笑うと楽しくなるんだ! 美しい笑顔に感謝です。 
本当に楽しい一時をありがとうございました。

Jul.

25

2007

ルミネtheよしもと

日曜日に、仲間と、新宿の「ルミネtheよしもと」に行ってきました。
わたし、ルミネは、初めてでした。日曜日ということもあって満員。

レイザーラモンにcowcowにジャリズムさんたちの漫才にホンコンさんの新喜劇を見ました。ほんとに久しぶりのよしもとのライブでした。

こうしてみていると、「上手い」と「勢いがある」が違うということを痛感。わたしたちの誰も知らないタレントが出てきても、勢いがある二人って輝いている。ちなみに、わたしは、知らなかったのですが、5GAPSというコンビ、とっても勢いがあっておもしろかった。かつて、吉本興業で働いていた時、ダウンタウンの二人が、すっごく勢いがあったのを肌で感じたことを思い出しました。

いつまでも勢いを持ち続けるって、とっても難しい。でも、勢いって伝わるということを見せ付けられました。名前があっても、手抜いたら、絶対お客さんにバレますね。手は、抜いてなくても、「きっと、マンネリだわ」という感覚って分かる。きっと、セミナーや研修もそうなんだろうなあ。

「大谷さん、マンネリ」と、言われないようにしなきゃ!!

Comments(2)

ぴろりん。様 2007年7月25日 17:15

こんにちは。

先日は「ルミネtheよしもとに新喜劇を見に行こうっ!の宴」に参加していただき有難うございました。

やはり、ライブは迫力があって面白いですね♪ 
色々と勉強になりました。

みんなで「ネざよし!」と叫んだことも素敵な思い出♪

多くの方々と、楽しく素敵な時間を共有できたこと、とても嬉しく思っております。

ぴろりん。様 2007年7月25日 17:16

こんにちは。

先日は「ルミネtheよしもとに新喜劇を見に行こうっ!の宴」に参加していただき有難うございました。

やはり、ライブは迫力があって面白いですね♪ 
色々と勉強になりました。

みんなで「ネざよし!」と叫んだことも素敵な思い出♪

多くの方々と、楽しく素敵な時間を共有できたこと、とても嬉しく思っております。

Jul.

22

2007

インターナショナル

わたしの主宰するビジネスマン、OLを集めたリーダーズカレッジ・・・日本のあちこちでやらせてもらっているけれど、そこに来る人は、ほとんどが、「研修って、初めて」とか、「そんなにモチベーション、高くないんだけどなあ」というメンバー。

そして、わたしは、一年間、じっくりかけて、みんなと楽しんで、みんなと成長するための企画にチャレンジしている。そこには、大きな目標なんてない。「とにかく、自分のキャパシティを広げよう」が、一番大切な目標。

だから、「仕事になる」とか、答えを求めてくる人は、悲しいけれど、なかなか続かない。それよりも、「失恋したから気分転換」なんて人が、意外に続く。でも、10年も続けているといろんな人が出てくる。日本中に仲間は、いる。

イタリアに料理の修業に行った岡村くん。オーストラリアにワーキングホリデーに行った南ちゃん。そして、今度は、牧野くんが、ニューヨークに働きに行く。何か、世界中に、友達ができて行くみたい。

決して、特別じゃないメンバーが、ちょっとずつ、オンリーワンをめざして羽ばたいて行く姿を見れるわたしって、めちゃめちゃ幸せ♪

Comments(0)

過去の日記

メールマガジン

「大谷由里子ケセラセラ」メールマガジン、
「志縁塾」メールニュースをお届けします。

メールマガジンの変更・解除