ケセラセラ 大谷由里子 公式サイト

  • 志縁塾
  • 講師塾
  • ふらっとセミナー

お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

  • プロフィール
  • ケセラセラ日記
  • お客様の声
  • メルマガ
  • 著書・DVD
  • イベントカレンダー
  • 笑いと幸せ研究所

ケセラセラ日記 大谷由里子のココロの元気 あなたにも届けます!

May.

31

2007

ビレック原宿ルセーヌ店

これって、何かわかります?
詳細は、下記から見れます。

http://www.menard.co.jp/bilec-h/

メナード化粧品さんがやっているエステテックサロンです。昨日、行ってきました。
うっとりした時間を過ごして、パワーアップです。
「原宿のこんな場所にこんなところがあったんだ」と、びっくり。とっても、雰囲気のある建物です。
夫婦でエステ大好きなわたしたちとしては、男性NGが、ちと寂しい。


ホント、エステに今までどれだけ使ったか。海外、国内、かなり行ってます。
エステティックサロン評論家ができるくらい。(笑)
お金も、めっちゃ、使ってる。ひとつ、ひとつ個性があるから好きなんですよね。きっと。
講師の仕事なくなったら、真剣に、エステテックサロンプロデューサーしょうかな♪絶対に、今まで時間とお金をつぎ込んできた分、結構、そこらのサロン経営者より、いろんなもの見てるはず。
なーんて、考えると、新しい人生がまたまた開けそうで、楽しいな。

Comments(0)

May.

30

2007

爽快!

昨日、東山一恵さんの「爽快!護身ビクス!」の出版記念セミナーを開催。

護身術プラスエアロビクスですが、もちろん、わが社のセミナールームのこと、東山さんのトークもしっかり入れていただきました。「わたし、自分のこと話するの初めてなんです」と、照れておられたものの、やっぱり、人前で立つことが仕事の彼女、素敵な話をいっぱいしてくれました。

幼い頃は、病弱で、いじめられっこだったこと。お父さんが酒乱で、DVから護身しなければならなかったこと。お母さんの夢が「女優」だったことから、お母さんが、プロダクションのオーデションに応募しちゃったこと。そして、「とんでもない」と思いつつ、「ここで、自分が変えられるかも!」と、チャレンジしてみたこと。

殺陣に惹かれ、武術をはじめたきっかけ。などなど、話ももりだくさん。「歩き方で、犯罪に巻き込まれる可能性が低くなる」に「へー」。普段から、自分を護る技を身に付けながら、素敵なボディになれると、わたしも含めて、みんな真剣。

久しぶりに、参加者が、最初っから、最後まで笑いっぱなしで、爽快なセミナーでした。終了後、「また、やりたい!」と、数名からのリクエストでした。10人限定じゃないと狭いかな。(笑)

Comments(0)

May.

29

2007

感謝の気持ち

「ほめ方」とか「ほめる技術」など、「人をほめる」ということを勧める本やセミナーがたくさんある。実際、わたしたちも「ほめ方」なんていうことをセミナーでやってる。でも、ある本に、「いくらほめても感謝の気持ちがなければ意味がない」と書いてあった。

ホントにそうだわ。と、改めて考えさせられた。

かつてイベント会社を経営していたわたしは、自分の片腕になってくれるディレクターを育てるのに必死だった。フリーマーケットで知り合った男性が、イベントのディレクター志望だと聞いて、彼に進行台本の書き方を教え、たくさんのタレントプロダクションを紹介した。そん彼と駅のプラットホームに二人で立っていた時、彼が、「大谷さん、ありがと」と、テレながらボソッと、言ってくれた。この一言が、わたしは、どんなほめ言葉よりもうれしかった。

やっぱり、感謝の気持ちがこもった言葉ほどのほめ言葉って無いよなあ。感謝の気持ち、大切にしなきゃなあ。

Comments(2)

pecco様 2007年5月30日 12:39

リーカレ大阪校で今期お世話になっています。
先日「自分がほめてもらうこと」がどんなにうれしいかを、友達と語ったばかり。
友人たちがミクシィの「紹介文」のコメントを書いてくれているのですが、気分が落ち込みそうになるとそれを心の支えにして立ち上がる、などと感じていました。
「ほめる」は人を認めることですものね。

「自誉め」という言葉を自分で作り出しました。40代にもなり、誰も私を誉めてくれたりしないときは、自分で自分を誉めます。
自分が誉めてもらいたいぶん、周りをほめることが自然にできるようになりたいですわ。

大谷由里子様 2007年5月31日 12:49

自分で自分を褒める・・・とっても、大切なことですね。

May.

28

2007

アンケート

セミナーをした後のアンケートって、とっても気になる。 書かれている内容に、結構一喜一憂している。

先日、富士ゼロックスさん主催の異業種交流研修をさせてもらった。2時間のセミナーのアンケートを送ってくださった。ドキドキ。5段階評価で4をつけている人を見ると、「何が1足りなかったのか」とっても気になる。

小学校、中学校では、4でも嬉しかったわたしが、嘘みたい。結構、「2」とか取っても、「だって、あの先生が、苦手なんだもん」と開き直っていたわたしが、信じられない。

すべてのアンケートのすべての意見や批評に目を通す。そして、今回、こんなコメントがあった。もちろん、今までのアンケートでこんなコメントは、初めて。

「漢字の書き順に間違いが多かったのが気になりました」

ドキッ。そういえば、わたし、小学生の時、よく漢字の書き順、チェックされてた。でも、漢字の「書き順」なんて言葉も忘れていた。でも、気になる人は、気になるんだ・・・。書き順、ちょっと、学び直さなきゃならないかなあ。

Comments(0)

May.

27

2007

バベル

映画、「バベル」を観てきました。感想は、「非情」。

それまでは、みんな同じ言語で話していたのに、神様に近づこうと高い塔を作ろうとした人間が、神様の怒りに触れて、言葉がバラバラになった。そんな「バベルの塔」の話が元になっているそうです。

悪気は無いのに、「愚か」なのが人間かも。悪気は無いけれど、傷つけてしまっていることって、いっぱいあるんだろうなあ。「救ってあげたいのに救えない」もどかしさ。そして、世界って、やっぱりどこかでつながっているんだ。わたしも含めて、人って中途半端だよなあ。そんなことを、わたしは、感じさせられた映画でした。

Comments(0)

May.

25

2007

児島→名古屋

昨日は、岡山県の児島法人会さんの仕事で児島。本日き、大垣共立銀行さんの若手経営者の勉強会で名古屋でした。こんな動きしているのわたしだけ・・・と、思っていたら、懇親会で、「僕も昨日、児島だったんです」という社長に遭遇。

大阪や東京や広島や博多や札幌なら分かるけど、まさか児島から名古屋という人がいるなんて。聞くと、彼は、岐阜の染色の会社の代表取締役。そういえば、児島は、繊維の町だった。「ジーンズ発祥の町」でもある。

岐阜も繊維の町だったはず。こんな偶然、楽しいな。「瀬戸大橋見ながら仕事してたんですね」と、盛り上がりました。

Comments(0)

過去の日記

メールマガジン

「大谷由里子ケセラセラ」メールマガジン、
「志縁塾」メールニュースをお届けします。

メールマガジンの変更・解除