ケセラセラ 大谷由里子 公式サイト

  • 志縁塾
  • 講師塾
  • ふらっとセミナー

お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

  • プロフィール
  • ケセラセラ日記
  • お客様の声
  • メルマガ
  • 著書・DVD
  • イベントカレンダー
  • 笑いと幸せ研究所

ケセラセラ日記 大谷由里子のココロの元気 あなたにも届けます!

Nov.

30

2005

落ち込むこと

最近、メンタルヘルスの講演依頼が多いです。もちろん、わたしは、モチベーションマネジメントからのメンタルヘルスです。そして、よく、「大谷さんは、落ち込まないんですか?」と聞かれます。とんでもない。しょっちゅう落ち込みます。結構、打たれ弱いです。だけど、嬉しいのは、モチベーションマネジメントを仕事にしている我が社のことだけあって、わたしが落ち込んでいると、木村も島田も河野も後藤もみんな、フォローしてくれます。「飲みに行きますか?」「大谷さんでも落ち込むんですか?」などなど、わたしが復活するきっかけの言葉をかけてくれます。本当にありがたいですね。大抵は、コミュニケーション不足だったり、ちよっと手を抜いたことから綻びになったりと、自分に原因があります。ここ、一週間も、少し落ち込むことがありました。そして、こういうことって、続くんですよね。あっちからも、こっちからも綻びが出てきた。こうなると、結構ブルーです。何もかも投げ出したくなる。だけど、投げ出してる場合じゃない。ひとつずつ、向かい合うしかないんです。でも、逃げないで向かい合っていると、少しだけ光が見えてくる。人生って、この繰り返しかも。そして、その中で分かったこと。やっぱり、落ち込んだ時こそ、仲間の有難さが分かるんですよね。わたしにとって、リーダーズカレッジやNPOの仲間たち、財産です。

Comments(1)

小菅様 2005年12月 9日 00:17

笑いと幸せ研究員ミクシーコミュニティーに海外からのコミュニティー参加者が増えてきました。ほんま、うれしいです。

Nov.

28

2005

自由民権記念館

昨日は、高知で仕事でした。少し時間があったので、前から行きたかった自由民権記念館に主催者の方に連れていただきました。ここには、板垣退助が、刺されても、「板垣死すとも、自由は死なず」と言った時の短刀も展示されています。もっとも、この時の傷は、約2週間で完治したそうで、その後、板垣退助は83歳まで生きておられたそうです。立志社の模型もあったりして、結構、いろんなことを考えさせてもらえる場所でした。会社を経営すると、歴史がおもしろくなるよ・・・と、かつて、わたしに言ってくれた社長がたくさんいるけれど、ホントにそんな気がします。

Comments(0)

Nov.

25

2005

クリスマス

わたしの周囲には、独身のメンバーがたくさんいます。この時期になると、「誰とクリスマスを過ごすか」「どこでクリスマスを過ごすか」が話題になります。昨年、わたしたちの主宰するリーダーズカレッジのメンバーは、ぎりぎりまで牽制し合ってたみたいですが、一人が、「僕、24日の夜六本木のグランドハイアットのスィートを押さえてるけど、そこで飲まない?」と、声を掛けたところ、あっというまに8人集まったそうです。(^^; しかも、今年は3連休。我が社の木村元社長は、「どうしょうかなあ」なんて浮かれてます。で、それを沈めるために、22日は、毎年我が社恒例の合宿忘年会にしました。朝まで麻雀です。(^O^)もっとも、この麻雀、いっつも負けるのは島田です。「今年は、勝つぞー」なんて叫んでますが、どうなるのか。でも、クリスマスのイルミネーションを見ているだけで、何かワクワクしますね。ちなみに、わたしは、クリスマスパーティの予定で決まっているものだけで、3つあります。12月10日のリーダーズカレッジ大阪校のメンバー主催のパーティをスタートに、3つ。17日は、みなさんの参加もOKです。良かったら講演会とパーティご参加ください。ちなみに出会いも演出するそうです。18日は、ミラコスタのパーティルームを借り切ります。NPO会員限定ですが、毎年恒例にする予定です。ちなみにイヴの24日は、リーダーズカレッジ広島校です。この後も企画してくれるのかな?

Comments(2)

小菅様 2005年11月28日 01:09

ミラコスタのパーティー楽しみにしています。
昨日、ミクシー「笑いと幸せ研究員」のコミュニティーに海外から参加してくれた人がいました。
来年は、世界にも広めていけるように口コミしていきます。

大谷由里子様 2005年11月28日 10:46

小菅さん、すごい・・・。ちなみに、わたしたちがイタリアに行った時に案内してくれたのは、このHPでアクセスしてくれた鳥山夫妻でした。ほんと、どこに縁があるか分からない。

Nov.

21

2005

本日も五島です

akou.jpg昨日、朝に大阪を経って、長崎から8人乗りのセスナで新上五島町に。「しま自慢観光カレッジ」の研修。わたしたちは、この研修で、いっぱいステキなガイドを育成するのが目的です。できれば、カリスマガイドなんていうのもできるといいな。夜は、「えび屋」さんという民宿で海の幸を堪能しました。今日は、朝から新上五島町を見て回りました。樹齢650年のあこう樹に出会いました。ポーっと見ているだけで感動しますね。わたしたちが、どんなにあがいたって、人生たかだか80年くらい。650年って、気が遠くなります。午後にジエットフォイルで、五島市に渡りました。もちろん、五島市でも「しま自慢観光カレッジ」です。これで、3回目の五島です。島の方たちとも少しずつ親しくなれると不思議と、遠いのに近く感じられます。人の交流って、ホントにステキです。昨年は、知らなかった人たちと、今は、楽しく企画を考えている。まだまだわたしの知らない世界がいっぱいあることを体感しています。五島に行こうかなあ・・・と、思っている人がいたら、3泊くらいの旅をお勧めします。いっぱい、見るとこがあります。

Comments(1)

ふじわら様 2005年11月21日 18:53

素敵な企画ですね~♪
ガイドさんのデビューはいつですか?
楽しみにしています。ってお伝えください。

Nov.

15

2005

リーダーズカレッジ富山校

わたしたちは、リーダーズカレッジというカリキュラムを展開しています。一年間のプロジェクト型の研修です。現在、オープンには、東京・大阪・広島で展開しているのですが、市町村と組んだり、商工会と組んだり、企業と組んでも展開、「感じて・興味を持って、動く」ひとづくりに情熱を持って取り組んでます。そして、来年、チューリップテレビと組んでこのリーダーズカレッジ富山校をスタートさせることになりました。その広報を兼ねて、昨日もプチセミナーをチューリップテレビで開催。思ったよりもたくさんの人が来てくれて感激でした。

しかも、いろんな仕事のいろんな人がいる。年齢もバラバラ。その中から来年、何人の人がリーダーズカレッジに参加してくれるのだろうか?どんなことが起きるのだろうか?今から、ドキドキ・ワクワクです。町を人を元気にしたい。志縁塾の「志」です。ちなみに、幕末大好きな河野晶子は、この「志」という感じに惹かれて我が社に来たそうです。わたしも、この「志」という字、大好きです。富山でも、楽しく、いろんなことが展開できるとステキですよね。と、いいつつ、人集めに邁進しているわたしです。(^^;本日も高岡の商工会議所でPRです。大きな「志」はあるけど、目の前のことを必死に積み重ねているわたしたちです。

Comments(2)

高岡の氷見様 2005年11月16日 09:36

昨日はご講演ありがとうございました。
副会長挨拶で”テレビで見るよりずっとキレイですね(*^^*)”という大事な一言を言うの忘れてましたのでカキコします。
ちょくちょく富山にいらっしゃるようなので機会がありましたらまたお会いしたいですね。

以上、根っからのプロモーターヤロウ氷見でした。
ヽ(´▽`)/イヤッホー

大谷由里子様 2005年11月17日 10:18

嬉しいです。また、富山で遊びましょう。

Nov.

14

2005

講師塾

木村元社長が一年前から、「大谷さんの講師としての魅力を僕がノウハウにして、同じ志を持った講師を作るんだ」と、講師塾を企画。それが、やっと、昨日、実現しました。米原で開催したにもかかわらず、九州からも東京からも参加してくださいました。みんな、いろんなキャリアのあるステキな人たちばかり。参加者同志でも、盛り上がりました。何よりも、ほんとにみんなイキイキしてて、わたしも、みんなから元気とやる気をいただきました。

木村は、参加者用のテキストを制作。ほんとに、ステキな企画でした。一年前は、ほんまに、ただの23歳の学生だったのに、「いつのまに、こんなに成長したんだろう?」と、感激。もっとも、彼は、「大谷さんにばっかり頼ってたらダメだから、新しく売り出したい講師を見つけてバックアップするんです」と、「脱・大谷由里子」宣言。ほんと、いいことですよね。新しい仲間がいっぱいできるって、ステキです。

その中には、島田くんの志縁塾の大谷由里子へのバックアップ体制の話も少しありました。そして、わたしが気づかされたこと。わたしは、木村、島田、河野、後藤を始め、いろんなスタッフに恵まれて、ほんとに気持ちよく仕事をさせてもらってるんだ・・・と、実感しました。神様に感謝です。

Comments(0)

過去の日記

メールマガジン

「大谷由里子ケセラセラ」メールマガジン、
「志縁塾」メールニュースをお届けします。

メールマガジンの変更・解除