ケセラセラ 大谷由里子 公式サイト

  • 志縁塾
  • 講師塾
  • ふらっとセミナー

お問い合わせ

資料請求

お問い合わせ

  • プロフィール
  • ケセラセラ日記
  • お客様の声
  • メルマガ
  • 著書・DVD
  • イベントカレンダー
  • 笑いと幸せ研究所

著書・DVD

著書

吉本興業女マネージャー奮闘記「そんなアホな!」

吉本興業女マネージャー奮闘記「そんなアホな!」
「横山やすしに殴られた人は多数おりますが、横山やすしを殴ったのは大谷由里子ぐらいなものです。」そんな吉本興業での著者の激動の日々は、芸能史の貴重な証言といえるでしょう。そして続出するエピソードをドキドキハラハラしながら読んでいると、新人が会社で働くこととは、働きがいとは何か、といった"働き方"の問題まで考えさせられることになります。現在、『笑い』をツールに人材育成の分野で活躍する著者の、記念すべき初の著書。 解説:常見陽平(働き方研究家)

著書・DVD一覧に戻る

Amazon.co.jp

吉本興業女マネージャー奮闘記「そんなアホな!」

発売日 2016年1月20日
著者 大谷 由里子
価格 本体800円+税
単行本 288ページ
出版社 立東舎
サイズ 15.1x10.5x1.0cm
ISBN-10 4845627523
ISBN-13 978-4845627523
内容

 

第1章    出会い
・入社
・なんやねん、この会社
・おまえがボケっと座ってても、吉本は1円の得にもならへん
・いつまでも視聴者のつもりでおったらアカンで
・仕事は遊びじゃないんや。頼むからわかってくれ
第2章 やすし・きよしさん
・「やす・きよ」のマネージャーに
・新入社員の女の子なんか付けんといてくれ
・応援してあげたくなってん
・君か。空港で横山さんに手を振った子というのは
・タクシーの運転手殴ったら犯罪になるから、マネージャー殴らなしゃあない
・わしと仕事したかったら、すべて松岡に言え
・セスナ機
第3章 芸人さんたち
・トラブル
・この借りは、松岡さんが偉くなったら仕事で返してな
・僕らのマネージャーになってくれへんか?
・仕事に夢を持てよ
・舞台見てると、毎回感動してジーンとくるんや
・木村さん大嫌い
・旅に付いてきた女マネージャーは、君が初めてやね
・嫌な女
・わたし、産みたい
第4章 選挙
・誰か、きー坊を止めてくれ
・横山さんが倒れた
・まっちゃんには、いろいろ迷惑かけてごめんな
・『水曜スペシャル』の嘘
・こんな安もんの時計しえるから、帰りたなるんや
・自分のほんとうの子供でもないのに、あんなに大事に育てると思うか?
・わしは漫才やりたい
・ちゃんと逃げずにやっている人間を、きちんと評価しないとだめだよな
・わし、そのプロデューサーのとこ行って、土下座しょーか?
・誰に向かってもの言うてんのん
・税務署は菓子折り持って頭下げに来るのが筋っちゅうもんやろ
・わしは、松岡を社長にしたるんや
・誤解
第5章 花王名人劇場
・大助・花子の初イベント
・花王名人劇場
・泉さんの転勤
・あかんと思ったら、すぐにわしを切れ
・東京の女も大阪の女も広島の女も九州の女もみーんな名前書いとけ
・俺の中ではその時、漫才が終わった
・嫁が相方になったんやから、漫才やめても嫁には戻れるよ
第6章 先輩・後輩
・嫉妬・とまどい
・みんなに嫌われたくない
・最後に残るのは会社や
・きっかけ
第7章 実り
・「大谷くん」に一目惚れ
・松岡と付き合わへんかったら、記事書かしたらへんぞ
・テレビに出ているだけが、芸人じゃない
・花ちゃんのSOS
・秘密クラブ
・大谷くんのプロポーズ
・ほんまのところは、どうやねん?
・横山さんは最後の芸人かもしれない
・最後の番組制作
・長電話癖
・嫁ってほんまに、俺が死んだら一緒に死んでくれると思ったもんな
・横山さんを殴ったのは君だけ違うか
・吉本最後の正月
・これから別の人生だね
エピローグ
立東舎文庫版あとがき
解説 常見陽平

 

AmazonおよびAmazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

筆者プロフィール

大谷由里子

大谷由里子
人材活性プロデューサー
http://www.yuriko-otani.com

1963年、大阪生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故 横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。 2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。現在は年間300を超える講演・研修をプロデュース中。

さらに詳しく